協会について

  • HOME
  • >協会について

設立の意図

チャイルドマインダーとは少人数保育のスペシャリストのことを指し、イギリスで発祥してから現在に至るまで、実に100年近い歴史を誇っている資格です。チャイルドマインダーは少人数における保育がメインであるため、通常は自宅を保育事務所として開業したり、家庭を訪問しての在宅保育を行うのが一般的となっております。

チャイルドマインダーの資格は、我が国ではまだ十分に周知されてはおりませんが、発祥地であるイギリスでは国家職業基準資格にも認定されており、また、女性がその育児経験を活かし、家庭との両立を図りながら一生続けることのできる仕事として、近年、特に女性の間でその人気が高まっています。

保育施設の不足や待機児童の増加、そして育児放棄や児童虐待といった事件が多発している現在、保育についての専門的知識を持ったチャイルドマインダーを積極的に育成・支援していくことは、我が国における子どもの健全な発達につながることは勿論、ひいては少子化の抑制につながっていくと考えます。

そこで、私たちは、広く一般市民、特にチャイルドマインダーの資格を持つ方々及びチャイルドマインダーの資格を目指している方々に対して、チャイルドマインディング並びに児童福祉についての検定試験の実施及び技術認定に関する事業、チャイルドマインダーの行う活動への協力・支援に関する事業、チャイルドマインダーの養成のための支援に関する事業を行います。それによって、チャイルドマインダーの能力の向上と評価を行うとともに、その養成と活動のための積極的な支援を行ってまいります。

また、児童福祉に関連する教育並びにその支援に関する事業を行うことで、チャイルドマインダーのみならず、広く児童福祉に関連する情報の提供と教育を行ってまいります。 開設にあたっては、契約締結の面など事業の遂行上法人格が必要となり、積極的に情報公開を行うことで社会的信用を高めていくことができる特定非営利活動法人が最適と考え、特定非営利活動法人日本エデュケア&チャイルドマインディング協会を設立することにしました。

当法人は、広く一般市民、チャイルドマインダーに対して、チャイルドマインディング並びに児童福祉についての検定試験の実施及び技術認定に関する事業、チャイルドマインダーの行う活動への協力・支援に関する事業、チャイルドマインダーの養成のための支援に関する事業、児童福祉に関連する教育並びにその支援に関する事業を行い、子どもの健全育成と職業能力の開発を図り、もって広く公益に寄与することを目的とし、社会に貢献していきたいと考えております。

活動目的

広く一般市民、チャイルドマインダーに対して、チャイルドマインディング並びに児童福祉についての検定試験の実施及び技術認定に関する事業、チャイルドマインダーの行う活動への協力・支援に関する事業、チャイルドマインダーの養成のための支援に関する事業、児童福祉に関連する教育並びにその支援に関する事業を行い、子どもの健全育成と職業能力の開発を図り、もって広く公益に寄与することを目的とする。

事業内容

  1. 1. チャイルドマインディングならびに児童福祉についての検定試験の実施
  2. 2. チャイルドマインディングならびに児童福祉についての技術認定
  3. 3. チャイルドマインダーの行う活動への協力・支援
  4. 4. チャイルドマインダー養成のための支援
  5. 5. 児童福祉に関連する教育ならびに支援